不動産に関するよくある質問

不動産会社や不動産取引に対して、疑問を感じる方は多いようです。
不動産取引は、日常的に需要がある分野ではないだけに、わかり難い点もあるかと思います。
ご質問を受けることが多いものを、ここにいくつかご紹介します。

不動産購入 よくある質問

不動産には消費税はかかりますか?
土地には消費税はかかりません。建物には消費税がかかります。
不動産を購入する時の仲介手数料はどのくらいですか?
不動産を購入する時の仲介手数料は、購入する不動産金額の3%+6万円から、建物に係る消費税分を差し引いた金額(消費税別途)となります。
尚、当社では新築建売住宅の仲介手数料がゼロになる、『新築建売おトク購入クラブ』を運営しております。詳しくはこちら
気に入った不動産の購入の手順を教えてください。
ご案内した物件が気に入って、購入意思が固まったら、当社を通じ【不動産購入申込書】を売主に提出します。売主が了承すれば、売買契約締結に進みます。
この際、価格の交渉をすることも可能です。
売買契約時に用意するものは何ですか?
契約の内容でも変わってきますが、手付金、実印、仲介手数料の半金などです。

不動産売却 よくある質問

不動産売却査定はどのように行いますか?
不動産の売却価格査定には、自動車のように、モデルと年式によって価格表があるわけではありません。
土地の形状、接道状況、地盤の状態、事件事故の有無、建物の状態、など多くの要素で変わってきます。
通常は、近隣相場との兼ね合いで評価を下します。
高く売るにはどうすればいいですか?
不動産の価格には、【需要と供給のバランス】が大きくかかわってきます。つまり、物件を高く売るには、物件を気に入ってくれる買主にどれだけ多く遭遇できるか、が大きなキーとなります。
高く売る為には、売主の希望を理解してくれて、物件を広く広告してくれる不動産会社に媒介を依頼することが重要です。
ちなみに、当社では、物件の成約チャンスを最大限にするために、独自のOBS(Open to Buyers' Agent)方式を採用しております。詳しくはこちら
媒介契約とはなんですか?
不動産を売る時には、不動産会社に仲介を依頼しますが、売主が、不動産会社に仲介を依頼する契約書のことを、媒介契約書と呼びます。
媒介契約書には、一般媒介契約書、専任媒介契約書、専属専任媒介契約書の3種類があります。
詳しくはこちら
住宅ローンの支払いが残っていますが、売却はできますか?
はい、可能です。
住宅ローンの借入の際には、土地建物に対し抵当権がついています。売却が成立すると、決済時に売主は、借り入れの残額を返済して、抵当権を解除して、買主に引き渡します。

不動産賃貸 よくある質問

普通賃貸の期間は何年間ですか?
通常2年間です。
賃貸契約を結ぶ際には、どのような費用がかかりますか?
普通賃貸の場合でお答えします。
前払い賃料+敷金+礼金(ない場合もあり)+仲介手数料+入居者保険
仲介手数料半額などの場合、上記以外に、鍵の交換費、消毒費用、など様々な費用を請求される場合もあるようです。
物件を探し始める前に、確認しておくと、不愉快な思いをせずに済むでしょう。
ちなみに、当社では、そのような付加費用は請求しておりませんので、ご安心ください。。
普通賃貸と家具付きマンスリーの違いを教えてください。
普通賃貸契約が2年間の契約であるのに対し、マンスリー契約では、一カ月の契約となります。
また、普通賃貸の物件では、家具やカーテンなどの備品はついていませんが、家具付きマンスリーでは、家具、家電、照明器具、食器などの一式が予め セットされていますので、引っ越しや備品購入の費用が省け、入居した日から、快適な生活が送れます。
入居者保険とはなんですか?
賃貸住宅の入居者が、不意の自己に備えるための損害保険で、多くの場合、加入が義務付けられます。
火災、盗難、水漏れ事故など多くの事態に対応可能です。保険の内容に関しては、加入前によく確認しましょう。

ページの上部へ

Copyright© 2011 仙台不動産 All Rights Reserved.